2018年12月9日日曜日

年末

先日の岡山でのイラスト展に展示したいと思っていたけど、結局期間中に完成が間に合わず諦めた絵があった。急ぐ必要がなくなって数日放置していたけど、ちゃんと完成させておこうと思って今日出来上がった。そのうちどこかで展示出来る機会があるといいな。

音楽を作ったり絵を描いたりしていると、ひとつの事に囚われて思い詰めてしまう事がある。ずっと四六時中その事ばかり考えている間は決して解決しないのに、もうダメだ〜と諦めて手放したら、「な〜んだ、そういう事か」とあっけなく解ったりする。これって他の事柄全般にも通じるよね、きっと。思い詰めている間って、物事をロマンチックに考え過ぎてるんだと思う。そこから一旦離れてみれば、身も蓋もない現実が見える。「な〜んだ、そういう事か」って思うのはちょっと寂しいけどね。


2018年11月27日火曜日

暖冬

随分寒くなって来たけれど、間も無く12月だと思うと今年は暖冬だと云う噂は本当かも知れません。昨年末の青山でのイラスト展がついこの間だった気がします。あの時青山に向かう道程はとても寒かった。

岡山ヒバリ照ラスでのイラスト展が開催中、折り返して後半です。実は初日までに完成出来なかった絵がようやく完成したので追加で郵送しました。これから来てくださる方には観ていただけると思います。繰り返しのご案内になりますが、11/30にはヒバリ照ラスにて文化人類学者の松村圭一郎さんとのトークショー、12/1は東広島市の西条公会堂、12/2は岡山の城下公会堂にてsakanaのライブがあります。お近くの方は是非いらしてくださいね。


2018年11月15日木曜日

晩秋

長く暑い夏の名残のような暖かい秋が、ここ数日でようやくそれらしい肌寒さに変わって、気が付けばもうすぐ年末じゃないかしら。相変わらず失敗と試行錯誤の毎日で、制作の速度はとても遅い。1枚の絵を描き上げる為の作業を幾つくらいに分類すればよいのか見当もつかないけれど、仮に10あるとすれば、その1つ1つに無数の選択肢がある。以前は闇雲に手当たり次第に、そして行き当たりばったりに作業を進めていた。つまり結果を早く求めた。ここ数年はそう云う描き方が出来なくなって、無数の選択肢の中のどれを選ぶかに考えを巡らす時間が長くなった。それから「取り敢えず今はこうしておいて、後でなんとかしよう」と云う作業をなるべくしないように心がけるようになった。的確な作業を最小限にとどめると結果がよい事を経験で知った所為。だから実際に筆で画面に絵の具を置いて行く作業時間は以前より短くなったけど、1枚の絵を仕上げる為にかかる時間は大幅に長くなった。側から見るとまるで怠けているみたいじゃないか?

と云うわけで?11月17日(土)〜12月2日(日)の2週間、岡山のヒバリ照ラスにてイラスト展をさせてもらいます。期間中イベントとしてsakanaのライブとトークショー?もあります。お近くの方は是非いらしてくださいね。

11/17(土)~12/2(日) 岡山 ヒバリ照ラス
西脇一弘イラスト展
ヒバリ照ラス:岡山県岡山市北区表町2-7-15
営業 / 8:00 - 21:00 火曜日定休 (1F/3F)
TEL:086-230-2833
http://hibari-t.com/#hibariStore
11/30(金) ヒバリ照ラス
「ヒバリ人類学」
文化人類学者 松村圭一郎と西脇一弘の対談トークショー
19:30~21:00 ¥2,000 ドリンク別
12/1(土) 広島 西条公会堂
(sakana live)
開場18:30 開演19:00
前売¥2,800 当日¥3,300 ドリンク別
12/2(日) 岡山 城下公会堂
(sakana live)
開場18:30 開演19:00
前売¥2,800 当日¥3,300 ドリンク別


2018年8月18日土曜日

秋のような日

涼しくて秋の虫が鳴いているような夜。今日からquatre saisons 町田店でのイラスト展が始まったので、是非いらしてくださいね。
ここ10日間くらいは毎日ひたすらイラストを描き続けて、今年の納品数はトータルで128枚になった。思い付いた事を深く考えずに片っ端から描いて、スカスカに出尽くすまで描いて準備終了が毎年恒例のようになっている。今は見事に出がらし状態。今日は涼しいからよく眠れるだろう。


8/17(fri,)~8/30(thu,) quatre saisons 町田店OPEN / 平日10:00~21:00 土日祝10:00~20:30 (不定休)*8/20(mon,)はお休みです。キャトルセゾン町田:東京都町田市原町田6-1-11ルミネ町田8Fhttp://www.quatresaisons.co.jp/boutique/machida.html



2018年5月1日火曜日

連休

ゴールデンウィークがやってきて、近所を散歩するだけでもなんとなく浮かれた風情の若者にすれ違う。自分の日常は変わりなくいつものように部屋に引き籠って絵を描いている。連休前に納める約束だった作品がようやく完成して今日発送した。現物を確認してもらったうえでOKかどうか決まるのでまだホッとするわけにはいかない。

とある音楽家のCDアルバムのジャケットに「月」をテーマにした風景画をとの指定で大きい絵を描いた。CDジャケットのサイズに対して1メートル超えの作品を描く事は自分にとってはとても珍しい。大抵はジャケットサイズより少し大きめと考えてA4サイズに納まるくらいのイラストを描くのだけど、今回の依頼は昨年末の個展で大きな作品を観て心に留めてくださった経緯なので、個展に展示していた感じの風景画を求められた次第。と云うわけで、年末に展示した灯台をモチーフにした作品の天地左右の比率と全体の構図を変更しつつ、空に大きな月を配置した絵を描いた。「月」がテーマだったけれど暗くならないようにとの指示だったので、夜空ではなく昼間の空に薄っすらとおぼろげに浮かぶ月をイメージした。人物はなく灯台や家屋にも人の気配はない。ひたすら静かな画面を求めて描いた。アルバムの繊細な美しい音楽の響きを邪魔しないように。


2018年2月17日土曜日

早春

ここ数日は春めいた暖かさが続いていますね。

先にもお伝えした通り、千葉県大網白里市のgellery tenにて開催中の3人展に参加させてもらっています。残すところあと3日間になりました。お近くの方は是非足を運んでみてください。

2/16(fri,)~19(mon,) 千葉 gallery ten
藤本健さん(木工)、竹村良訓さん(陶芸)、との3人展になります。
gallery ten:千葉県大網白里市駒込752-1-203 tel・fax:0475-78-3068


2018年2月4日日曜日

立春

少し寒さの角が取れて、これから暖かくなっていくのかなと思う日でした。スケジュールのページでお知らせしている通り、千葉県大網白里市のgallery tenにて三人展開催中です。器を作られるお二方との展示になります。期間を三つに区切っての会期になりますので日程をご確認の上、お近くの方は是非足を運んでみてください。


2/1(thu,)~7(wed,) 2/9(fri,)~12(mon,) 2/16(fri,)~19(mon,) 千葉 gallery ten
藤本健さん(木工)、竹村良訓さん(陶芸)、との3人展になります。
gallery ten:
〒299-3235 千葉県大網白里市駒込752-1-203 tel・fax:0475-78-3068
http://www.gallery-ten.com


相変わらず部屋に引き籠って絵を描く日が多いです。最近は人物を描く際に、表情とタッチの関係に考えを向けています。描こうと思っている表情に有効なタッチと陰影の付け方がきっとあって、それに近付けた時は自分の絵がちょっといいなと思える気がします。