2020年1月14日火曜日

観察

スマホを使うようになって1年過ぎた。便利になったか?と訊かれたら少しだけ。変わった事は、行き先の場所がちゃんと判っていなくても出かけてしまうようになった、LINEとインスタが出来るようになったくらい。ストリーミングで音楽を聴くのはなぜか馴染めないので殆どしない。画面が小さくて老眼では見辛いので1日のスクリーンタイムは長い日でも30分程度。なので持つ前と大して違いはないけど、ガラケーを使っていた時より通信費が僅かに安くなったのでまあいいかなと思っている。

話は変わって、
僕が描く人物画に特定のモデルは無い。だから描いていると時々「こんな角度から耳を観た場合、どう観えるんだろう?」と判らなくなる。そんな時は電車の中でいろんな人々の耳の形を観察する。耳に限らず様々な部位、角度、光線と影の関係等を観察する。頑張って出来る限り覚えて帰宅したらすぐに作業をする。ホントはスマホで写真に撮ってしまえば楽だと思うけど、もし撮った事が見つかったら、どう云い訳しても不審者扱いは免れ無いだろうからしない。それから描いているのが女性であっても、観察するのは男性に限る。細かい瞼の開き方なんかをジッと観察していると、女性の場合気付かれた時、妙な誤解をされかねない。あとガラの悪そうな男性も避ける。「なんか文句あるのか〜?」と凄まれるかも知れない。

ジッと観ると云う行為は悪意はなくても、かなり不躾な事だと思うので、マナーに反しないように気を付けたいと思っている。

特に観察の必要がない時は電車の中では文庫本を読んでいる。読みかけの本がない時はぼんやり窓の外を眺めている。電車の中でスマホを使う事は殆どない。

と云うわけで1年経ってもスマホが自分にとってそれほど重要なツールにならなかった事はなんとなくよかった気がする。でも近々スマホでやるようになるんだろうなって思うのは電子マネーでの支払い。ほんの少しお得なようなので。


2019年12月26日木曜日

年末感

毎年今時分は寒さが増していよいよ冬本番な風情。22日で大阪noji+での展示が無事終了しました。足を運んでくださった皆さん、お世話になったnoji+さん、どうもありがとうございました。

いつも部屋で絵を描いている日々なのであまり関係ない気がするけど、慌ただしさと緩やかに浮かれた年末感に自分も少し影響されていて、いまひとつ絵を描く作業に集中出来ていないここ数日。でも次の予定までそれほど間がないのであまりのんびりしてはいられない。

若い頃は年末年始の「特別感」が苦手で早く普段通りにならないかと思っていた。今も苦手だけど「区切り」があるのはいいなと思う。普段から自分に全然厳しくない性質なので年に1回くらい自分の怠け癖をリセットする機会があった方がよい気がするだけだけど。

今年もたくさんの方々にお世話になりました。そして絵を観てくださった皆さん、とても嬉しかったです。どうもありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

新しい年が皆さんにとって楽しい1年になりますように。


2019年12月11日水曜日

それは美しい眺めであったか?

もうすぐ始まる大阪でのイラスト展の準備で相変わらず部屋で絵を描く時間が多い毎日。2日位前に随分冷え込んだ日があった。僕は夏冬問わずエアコンが苦手なので、冬は小さな電気ストーブだけでやり過ごす。手が悴むような日は、電気ストーブを間近に置いて作業すると絵の具がストーブに温められて異様に早く乾いてしまうので作業がやり難い。いろいろと難しいところ。

以下の日程で大阪 noji +でイラスト展をさせてもらいます。

12月14日(土)~12月22日(日) 大阪 noji +
「西脇一弘 イラスト展 2019」
大阪府池田市鉢塚1-10-3 ドーン秋山2-A
アクセス:阪急池田駅 / 徒歩12分

大きな人物画を6点、A3サイズの版画風作品を20点くらいと小さなイラストも幾つか展示する予定です。よろしくお願いします。

版画風の作品には描きながら思い付いた短い文をいつも書き込んでいる。別に大した意味はなくて、なんとなく絵と言葉が補い合う様子を思い浮かべて楽しんでいる。今度展示するものから3点添付します。


























I'm a big tree.
I live very lengthily.
What do you tell me about?
I hear everything.
Nothing is answered.

私は大きな樹です。
とても長く生きています。
あなたは私に何を語りますか?
私は全てを聞いていますが、
何も答えません。

























I should behave thoughtfully.

私は思慮深くふるまうべきである。






















When a wind reaches the sky across a sea.
It's my future that I came into your vision.
Was that a beautiful view?

風が海を横切って空に到達する時、
あなたの眼に映ったのは私の未来。
それは美しい眺めであったか?

2019年11月23日土曜日

秋霖

相変わらず部屋に引き籠って来月の大阪でのイラスト展のための作品を描いている。今のペースで行くと間に合うかどうか微妙なところ。

「一貫性のない人は一貫性のないことについても一貫性がないはずである」

と云う事は、真に一貫性のない人はある瞬間から一貫性を持ち得ると云う事かな?よい言葉だな。若い頃のボブ・ディランの言葉遊びのようだけど、レイモンド・スマリヤンと云う人の言葉。これって「一貫性のある人は一貫性のある事についても一貫性があるはずである」じゃ当たり前なんだよね。ボブ・ディランはこう云う意味ありげで実は無意味な逆説ロジックをよく使う人と云う印象があるんだけど、それは僕の頭が悪くて本当の意味を掴み損ねているのかも知れない。

一貫性のある人になろうなんて考えた事は1度もないけれど、僕は20歳くらいの頃とやっている事が大まかには変わっていない。無論、絵を描くとか音楽を作るとかの中では様々な矛盾があるのだけどそれは個人的な事柄で、側から見てわかる矛盾ではないよね。例えば僕の弟は大学卒業後すぐに大きな会社に就職してずっと同じ会社でサラリーマンをしている。当人には会社の中で与えられた役割において様々な逡巡や矛盾があると思うけれど、僕にはずっと同じ会社で働いてる人って云う認識しかない。

うまく云えないのだけど、「その人」にとって重要な事柄の殆どは上記した「側から見たら分からない事」の中に在るんだと思う。そう思うと他者からどう見えるかってどうでもいい事で、誰に対しても敬意を持つべきだと解る。人は「一貫性のない人」にも「一貫性のある人」にもなれないよね、きっと。

青山CAYと高円寺Amleteronでのイラスト展が後半です。足を運んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。

10/28(mon,)~12/4(wed,) 青山 CAY
西脇一弘 イラスト展 2019「FACES」
東京都港区南青山5-6-23スパイラルB1F
*営業日、営業時間が不規則なので以下URLでスケジュールをご確認ください。
https://www.spiral.co.jp/topics/cay/faces

11/15(fri,)~12/1(sun,) 高円寺 Amleteron
「西脇一弘 イラスト展 2019」
休業日:水,木(11月20,21,27,28)
営業時間:13:30~19:30 *最終日は16:30まで
東京都杉並区高円寺北2-18-10



2019年11月15日金曜日

忘れられた花の絵

ここしばらくは15日から始まる高円寺でのイラスト展の絵を描いていた。個展の準備は毎回ギリギリまでかかる。どんなに早めに準備に取り掛かっても、例外なく2日前までかかる。今回も搬入日(14日)の前々日まで作画作業に追われていた。搬入前日は出来上がった作品を1枚ずつ検品?してサイズ毎に纏めて枚数を数え、展示に必要なものを揃えて荷造りをする。そして前日に何枚かの作品を選んで、後の宣伝に使う為に大きい絵は写真を撮り、小さい絵はスキャナーでパソコンに取り込んでおく。

14日にお店に行って設営作業をしていたら、なぜか持って来たはずの絵が1枚見当たらない。作品は多めに持って来ているので1枚足りなくても大丈夫だけどなんでだろう?と思いながら設営を終えて帰宅。見当たらなかった絵はスキャナーの蓋の下に置いたままになっていた。取り込んだ後忘れていただけの花の絵。

























もう1枚まったく違うタイプの花の絵を描いたので、それと並べて貼ったら面白いだろうと思ったんだけど結局出来なかった。でも全然問題ない。高円寺アムレテロンで12月1日までです。今まであまり展示する機会がなかったタイプの作品を展示しています。例えば以下の絵は不謹慎なようだけど台風が生まれた様子。もちろんこれ以上災害が起こらない事、と云うか、災害に適切な対応が出来る世の中を願って。

11/15(金)~12/1(日) 高円寺 Amleteron
「西脇一弘 イラスト展 2019」
休業日:水,木(11月20,21,27,28)
営業時間:13:30~19:30 *最終日は16:30まで
東京都杉並区高円寺北2-18-10
アクセス:高円寺駅北口から徒歩5分


2019年10月29日火曜日

イラスト展 2019 秋

ここ2ヶ月くらいは青山でのイラスト展の準備をする時間が多かったけど、ようやく終わってホッとしました。昨日から始まっています。おかげさまでいい感じだと思います。よろしくお願いします。

10/28(mon,)~12/4(wed,) 青山 CAY
西脇一弘 イラスト展 2019「FACES」

東京都港区南青山5-6-23スパイラルB1F
https://www.spiral.co.jp/topics/cay/faces

営業時間:LUNCH 11:30~17:00 / DINNER 18:00~24:00
土・日・祝日 12:00~23:00

アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」
B1出口前もしくはB3出口より渋谷方向へ1分

*DMの郵送をご希望の方は送付先をメールでお知らせください。

























今回の小さい作品の中にマーク・ゴンザレスの散文の一部を描き写した絵が2枚ある。34歳頃に出会った文章は以来ずっと好きで、折に触れて絵の中で描かせてもらっている。以下の引用は絵に描いた部分だけの抜粋。

























「僕の持っている本全部に落書きしたかった。それは僕が本の中の写真を全部見終わってからの話だよ。だって僕にはそこに何が書かれているのかよく分からなかったから、時々僕はページの上に指を置いて書かれている単語を一語一語線のようになぞって読んでいるふりをしてみたけれど、先生はだまされなかった。先生は頭がいいからね。先生たちは誰が賢くて誰が馬鹿なのかをちゃんと知っているんだ。でもね、『僕が何者か』って事は誰にも変えられないんだよ、、、」
マーク・ゴンザレス 1998 Apr.San Francisco


























とは云え、11月も12月も別の場所でイラスト展があるので、そんなにゆっくりはしていられない。年末にはレコーディングもしたかったのだけどちょっと難しいか、。




2019年10月17日木曜日

風の音

何も出来ず申し訳ないですが、台風被災地域の安全と復興を願います。

いつまでも暑いなと残暑に辟易していたら、台風が通過してあっという間に晩秋のような寒さ。おかしな気候が近年は「普通」になってしまったので誰もわざわざ言葉にしなくなったけどやっぱりヘンだと思う。あんまり寒いので押し入れから電気ストーブを引っ張り出したら、随分汚れているので分解掃除をしようと思ったんだけど、表面の金網を外すのがやたらと面倒な構造になっていて、見事に全部バラさないと掃除出来ず、ストーブ相手に格闘していたら自力で暑くなった。子供の頃を思い出す。小学生の頃って寒いと外に出て取り敢えず暴れたよね、暑くなるから。

相変わらず部屋で絵を描く時間が多い毎日。猛烈な台風が通過している最中も風の音を聴きながら絵を描いていた。古い安普請の窓枠は吹き飛んでしまうんじゃないかと気が気でないけど、絵を描いている最中はそれさえ忘れている。バカなのか?

毎日独り部屋に引き籠って真夜中に絵を描いていると、あまりの静けさに暗闇の底に居るような気分になる。独房に居るようだ。こんな事を書くのは被害に遭われた方達に不謹慎なのは分かっているけど、台風はそんな毎日に訪れた乱暴で騒々しい曲芸師のようだった。嵐の騒音は静寂を際立たせる。

話は変わって、肌寒くなってくると林檎の季節。最近は夏の終わりから出回っているけど、やっぱり林檎は秋から冬に収穫されるもの。今は最も多くの種類(銘柄)が出回る季節。つがる、シナノスイート、秋映、紅玉、ふじ、その他、。ふじ以外は殆ど今の時期の短い間しか食べられない。なかでも秋映はスーパーで売られている期間がとても短いんだけど一番好き。毎日食べている。(あ、上記は近所のスーパーでの話なので、地域によっては違うのかも知れません)